こんなに安い?家賃の低い物件の数々!

駅からの距離が遠いほど安い

物件選びをする際、人によってチェックするところは様々です。しかし、出来る限り安い物件に住みたいと思うのは共通している願いだと言っても良いのではないでしょうか。では、物件の質を下げずに、家賃の安い物件を探すためには、どこをポイントとすれば良いのでしょうか。
一つ目として、駅からの距離が遠い物件を選ぶという方法が挙げられます。一般的に、最寄の駅からの距離が近ければ近いほど賃料が上がる仕組みになっていますので、出来るだけ遠い物件を選ぶのです。
基準としては、大体徒歩10分というのが境目となるでしょう。それ以上の距離になりますと、ぐっと賃料が低くなりますので、ギリギリのラインを狙って物件を探すと良いでしょう。

1階は比較的安い傾向にある

続いて、家賃の低い物件を見つけるためのポイントとして、1階を選ぶという方法があります。2階以上の部屋というのは、虫が入ってきにくいという点からも防犯という点からも、非常に人気が高いというのが現状です。ですので、1階というのは人気がなく、総じて家賃が安いことが多いのです。
数多くある不動産屋のホームページでも、チェックボックスに「2階以上」という文字が躍っています。しかし、虫が入らないような工夫をして、防犯対策もきちんと施してさえいれば、1階に住んでいても全く問題はありません。
むしろ、階段やエレベーターを使うことなく移動することが出来ますので、毎日の時短につながるのです。デメリットばかりを見るのではなく、メリットにも目を向けてみると視野が広がります。

© Copyright Simpler & Easier. All Rights Reserved.